上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このブログを始めてまだ日が浅いですが、コメントいただいたりしていると、とっても嬉しくなってしまいます。(*^-^)ニコ

テンプレがなんだか気に入った者が見つからなくてコロコロ変えていますが( ´ー`)フゥー...


最近は、自分の体験ばっかり書いてきたので、今日はちょっと違う話をしたいと思います。



お店ではいろんな商品が売らせていますが、今や日本の物が海外で売られることも少なくありません。

イギリスでは、キッコーマンの醤油が醤油差しの瓶で売られていて、即買いした覚えがあります。


もちろん、値段は高かったですが・・・


醤油は英語で「Soy sauce」ですが、「KIKKOMAN」とみんな呼んでいましたね。

醤油は日本の物が一番!

それはいいとして、タイトルのことなんです。本題は。

日本でなじみ深いスポーツドリンク

「ポカリスエット」

これ、英語に直すと

「pocari sweat」


アメリカで売られた時、



「Pocariさんが誰だか知らないけど、そんな人の汗なんか飲みたくないよ!」

と、売れなかったそうです。


現在、名前を変えて売られているかは不明ですが、もしかしてそのままアメリカでも「ポカリさんの汗」は売られているのでしょうか・・・




また、英語圏ではない所ではこんな話があります。



日本の企業が一日中暑いアラビア方面(国は忘れました。)の国で、缶詰を売ったそうです。



缶詰には日本人にとっても縁起がいい「太陽」をイメージ。

真っ赤な太陽がプリントされていました。

日本では国旗にもあるし、「太陽」「日の出」は神聖な感じのイメージですよね。



しかし、一向に商品が売れない。


不思議になってスーパーに偵察に行った日本人は、思い切って缶詰売り場にいた人に聞いてみたそうです。



「なぜ、こっちの缶詰を買わないのですか?」



そうすると、その人の答えは、



「太陽なんて縁起じゃないよ。」



と言ったのでした。



「??????」



の日本人は帰宅後、よく調べてみると、暑い国では、太陽は灼熱の地獄で、夜の月が神聖でようイメージだったんだとか。



そうですよね。太陽が昇れば灼熱の暑さ。月がでれば快適に過ごせる。



国によってこんなにも考え方が違うんですね。





自分の国の、自分の価値観で海外に行くとびっくりしちゃうことが沢山あります。

そのためにも、いろいろなことを知った広い視野を持っていたいと願うのでした。
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
私も海外好きで、留学(?というよりは遊学でしたが)経験ありですが英語はまだまだです。

海外で醤油を普通のスーパーで見たときは感動しました。
なじみの調味料を外国で見かけるとうれしいですね。
2006/05/11(木) 21:05 | URL | なすえ #-[ 編集]
イギリスの日本食レストランでは、
「カルピス」が「カルピコ」になってました☆
「カルピス」だと「cow piss」に聞こえるから
ダメらしいですよ・・・
2006/05/11(木) 22:33 | URL | Pen #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bokkotan.blog65.fc2.com/tb.php/8-7485ea03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。